PDF 印刷 Eメール

 

HIRAI TAKAO              

Né à Kanagawa Japon en 1946.  

Étudie le design et travaille dans un bureau d'étude Kenmochi Isamu Design Associate au Japon sur les mobiliers et les produits, 

          

Arrive à Paris en 1973 , travaille dans  le bureau d'étude Pierre Paulin, Technor et ENFI design.

 

Crée son propre bureau en 1979 : DESIGN TAKAO HIRAI   

 

Travaille pour divers projets de produit tels que mobiliers, art de table,    

appareils électroniques et luminaires, notamment design de téléphone  

portable, d'ascenceur pour MITSUBISHI ELECTRIC  

 

Il participe au projet " Paris et Nature " pour la Ville de Paris  

et conçoit et réalise plusieurs établissements publics comme la Bibliothèque 

et la Maison "Paris Nature" du parc floral de Vincennes,  

la Maison de l'Air du parc de Bellevillel'Atelier des 5 sens , la Maison du Jardinage 

du parc de Bercy  et le projet d'une école buissonnière  " Bus Paris - Nature "

 

Il travaille depuis 25 ans pour SHISEIDO cosmétique et pour la plupart

de ses expositions, des stands et des vitrines en France ainsi qu'en Italie,      

en Allemagne, en Espagne, en Angleterre, en Hollande, etc      

 

En tant que scénographe, il a conçu le lancement du parfum ROCABAR pour HERMÈS à Moscou    

l'exposition " Bijoux Hermès nés du feu de la terre ""au Japon,        

l'exposition " Parfums promenades à la galerie des Galeries Lafayette Haussemann à Paris   

l'exposition " L'ego absolu " pour ABSOLUT au Musée des Arts Décoratifs à Paris

l'exposition " Paris Tokyo Paris" pour SHISEIDO au Musée des Arts Décoratifs à Paris 

et  l'exposition " MEME  Born in 1872 SHISEIDO " à Tokyo 

dont il a remporté le grand prix " Le design de l'année 1999 " au Japon. 

 

 

 

平井孝雄 

 

1946年   神奈川県小田原市に生まれ、国立千葉大学工学部工業意匠学科卒業後

1969年   剣持デザイン研究所に勤務し、プロダクト、家具デザインをて がける

1973年  フランスパリに渡り、ピエールポーラン事務所、テクノールでインテリアデザイン 

     エンフィデザインでプロダクトデザインの仕事を手がける 

1979年  デザインタカオヒライを設立。 

      とりわけ三菱電機の携帯電話機やエレベーターの内外装デザインを始め

 

     諸々なプロダクトデザイン 家具デザイン、数多くの電子機器、照明器具など

 

     多種な分野のデザインにかかわる。

 

     また、パリ市企画のキャンペイン”パリと自然”プロジェクトに参加し

 

     パリのヴァンセーヌ花公園の”パリと自然館”や”パリと自然図書館

 

     パリベルヴィル公園の”空気の館”、またパリ13区の”5感覚アトリエ館 ”、

 

     パリベルシー公園の”パリと自然園芸館”そして自然を学ぶ移動教室 ”パリと自然バス

    

     など諸々な公共施設を着想し実現する。

 

1980年.      25年間ヨーロッパ資生堂のために、フランスを始め、イタリア、ドイツ、スペイン、

 

     オランダ、イギリスなどの数々の展示、コスメチックコーナーのデザインを遂行する。

    

     空間演出としては、エルメスのためにモスクワでの男性香水ロカバールの発表展示、

 

     日本での”地中の火から生まれたエルメスの宝石”のデイスプレイ 展示

 

     パリ、ギャラリーラファイエットでの”香水彷徨”の演出展示

    

     パリのルーブル美術装飾館でのアブソルットウオッカ のための”絶対的エゴ”の演出展示、

 

     またパリのルーブル美術装飾館での資生堂のための”パリー東京ーパリ”の演出展示、

1999年  日本の六本木の織部ホールでの”美の遺伝子ミーム展”で、毎日デザイン特別賞を受賞。